永楽館茂山狂言会(平成27年10月6日)

永楽館茂山狂言会を開催します

~茂山狂言の最新作を永楽館で上演!~

永楽館茂山狂言会 チラシ  

 

1 公演日  平成27年10月6日(火) 午後7時 開演 (午後6時30分開場)

2 出演    茂山七五三(しげやま しめ) 茂山あきら(しげやま あきら)

         丸石やすし(まるいし やすし) 茂山宗彦(しげやま もとひこ)

         茂山逸平(しげやま いっぺい) 茂山童司(しげやま どうじ)

         茂山 茂(しげやま しげる) 山下守之(やました もりゆき)

3 観劇料  3,500円【全席指定】(当日4,000円)

4 会場  出石永楽館 豊岡市出石町柳17-2 電話:0796-52-5300

5 チケット発売日 平成27年7月25日(土) 午前9時30分から

6 チケット取扱場所 出石永楽館  豊岡市民会館(電話:23-0255)  豊岡市民プラザ(電話:24-3000)

7 演目の紹介

 (1) 二人山伏(ふたりやまぶし)

     田舎の茶屋で偶然出会った二人の山伏。最初はお互い仲良く話していましたが、ささい

     なことからけんかになり、どちらの法力が強いかを競うことに。二人は茶屋の亭主を祈

     り伏せようとしますが、そんなものが効くはずもなく・・・

 (2) 千鳥(ちどり)

     酒を付けで買ってくるよう命じられた太郎冠者ですが、支払いがたまっているため酒屋は

     酒を渡しません。酒樽を千鳥に見立て、伊勢路で子どもが千鳥を捕る様子をまねながら

     酒樽に近づき持ち去ろうとするのですが・・・

 (3) 濯ぎ川(すすぎがわ)

     毎日、嫁と姑に追い使われる養子の男。この日も裏の川で洗濯していると、嫁と姑が来

     て次々と用事を言いつけられます。男は用事を紙に箇条書きにしてもらい、書いていない

     ことはしなくてもよいと約束を取り付けることで、ほんのささやかな反抗を試みますが・・・

8 制作協力 (株)童司カンパニー

    ⇒茂山千五郎家ホームページ

    ⇒童司カンパニーホームページ

 

 

 

 



開催日:2015年10月6日 から 10月6日

問合せ

地域コミュニティ振興部 文化振興課
Tel:0796-23-1160
Fax:0796-29-0054
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?