軽自動車税

軽自動車税

 軽自動車税は、原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車・二輪の小型自動車(これらを軽自動車等といいます)の所有者等に対して課税される税金です。
 


◆納税義務者

 毎年4月1日現在、市内に「主たる定置場」のある軽自動車等を所有している人(所有権留保付売買(ローン購入)にかかる車両については、当該車両の買主が所有者とみなされます)
 なお、軽自動車税には月割課税制度はありませんので、4月2日以降に廃車や譲渡等の申告をしても、その年度分の税金は4月1日現在の所有者にかかります。 


 ◆納期限

 毎年5月末日(末日が土曜日・日曜日、祝日に当たるときは、その翌日とします)


◆軽自動車税の税率(年税額)

 平成26年度および平成27年度税制改正により、平成28年度から軽自動車税の税率(年税額)が一部変更になりました。
 

【原動機付自転車、二輪車、小型特殊自動車等】

 税制改正により、平成28年度から一律で税率(年税額)が変更になりました。

車種区分 税率(年税額)
平成27年度 平成28年度~
原動機付自転車  総排気量50cc以下 1,000円 2,000円
 50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
 90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
 ミニカー 50cc以下 2,500円 3,700円
軽自動車  軽二輪車 125cc超250cc以下 2,400円 3,600円
 雪上車 2,400円 3,600円
二輪の小型自動車  250cc超 4,000円 6,000円
小型特殊自動車  農耕作業用(コンバインや田植機などで乗用装置のあるもの) 1,600円 2,400円
 その他(フォークリフト、ショベルローダーなど) 4,700円 5,900円


四輪以上および三輪の軽自動車】

 税制改正により、平成28年度から重課税率が適用になり、最初(新車)の新規検査の年月により税率(年税額)が変わりました。

車種区分 税率(年税額)
平成27年3月31日以前に最初の新規検査をした車両 平成27年4月1日以後に最初の新規検査をした車両

最初の新規検査から13年を経過した車両       (注)重課税率

軽自動車 四輪 乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物 自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円
三輪 3,100円 3,900円 4,600円

 (注)平成27年3月31日以前に最初の新規検査をした車両は、13年を経過するまでは、従前の税率から変更ありません。
 (注)中古車を購入した場合も、その車両が最初の新規検査を受けた年月が基準となります。

 (注)重課税率は、毎年4月1日現在で、最初の新規検査から13年を経過した車両が対象となります。
    ただし、電気、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリン電力併用の軽自動車および被けん引車を除きます。
  

 ◇最初の新規検査年月は、自動車検査証の「初度検査年月」欄で確認できます。
 (注)重課税率適用開始年度早見表こちら

自動車検査証イメージ

◇グリーン化特例(軽課)について◇

 平成29年4月1日から平成30年3月31日までに最初の新規検査をした車両のうち、排出ガス性能と燃費性能の優れた環境負荷の小さい車両について、平成30年度分に限り、税率を軽減する特例措置(軽課)が適用されます。

≪対象車種と基準≫

車種区分 標準税率 税率(年税額)
電気自動車・天然ガス自動車(注1) ガソリン車・ハイブリッド車(注2)
基準1(注3) 基準2(注4)
おおむね75%軽減 おおむね50%軽減 おおむね25%軽減
軽自動車 四輪 乗用 自家用 10,800円 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 6,900円 1,800円 3,500円 5,200円
貨物 自家用 5,000円 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 3,800円 1,000円 1,900円 2,900円
三輪 3,900円 1,000円 2,000円 3,000円

 (注1)天然ガス自動車は、「平成30年排出ガス規制適合車」または「平成21年排出ガス基準10%低減」のものに限る。
 (注2)ガソリン車・ハイブリッド車は、いずれも「平成30年排出ガス基準50%低減」または「平成17年排出ガス基準75%低減」のものに限る。
 (注3)基準1・・・乗用「平成32年度燃費基準+30%達成車」、貨物「平成27年度燃費基準+35%達成車」
 (注4)基準2・・・乗用「平成32年度燃費基準+10%達成車」、貨物「平成27年度燃費基準+15%達成車」
 


◆申告方法と申告先

 軽自動車等の所有者となった場合またはその所有者が豊岡市に転入した場合は15日以内に、廃棄、譲渡または市外へ転出した場合は30日以内に申告してください。
 (注)軽自動車税は、納税義務者の申告に基づいて課税をしています。
 (注)登録内容に変更が生じた場合、申告手続きを行わないと、所有していないのにいつまでも課税されるなど、トラブルの原因になります。

車種

申告受付場所

 ■原動機付自転車(排気量125cc以下)
 ■小型特殊自動車
 税務課市民税係 TEL21-9045
 または各振興局市民福祉課
 ■三輪・四輪の軽自動車
 (排気量660cc以下)
 軽自動車検査協会 兵庫事務所 姫路支所
 TEL050-3816-1848(コールセンター)
 ホームページ:http://www.keikenkyo.or.jp/
 ■軽二輪車(125cc超250cc以下)
 ■小型二輪車(250cc超)
 神戸運輸管理部 姫路自動車検査登録事務所
 TEL050-5540-2067(コールセンター)
 ホームページ:http://wwwtb.mlit.go.jp/kobe/

 

申告に必要なもの(原動機付自転車・小型特殊自動車)   (注)申告書のダウンロードはこちらから

申告の種類 必要なもの
新車登録
(販売店からの購入)
 1 所有者の印鑑(所有者と使用者が違う場合は使用者の印鑑も必要)
 2 販売証明書
(注)豊岡市に住民登録がない場合は、住民登録地の確認できる書類(免許証等)
中古登録  1 所有者の印鑑(所有者と使用者が違う場合は使用者の印鑑も必要)
 2 廃車申告受付書・廃車証明書
(注)豊岡市に住民登録がない場合は、住民登録地の確認できる書類(免許証等)
廃車  1 所有者の印鑑(所有者と使用者が違う場合は使用者の印鑑も必要)
 2 ナンバープレート
 3 標識交付証明書(登録票)
名義変更  1 旧所有者と新所有者の印鑑
 2 ナンバープレート(変更される場合)
(注)合併前の旧町ナンバーは、豊岡市ナンバーに変更となりますので、必ず持参してください。
 3 標識交付証明書(登録票)

 (注)車両が盗難に遭うなどして標識が返納できない場合には、手続きが異なりますので担当に問い合わせてください。
 (注)汚損や紛失によるナンバープレート(標識番号)の再交付には、弁償金200円が必要となります。
 (注)乗用装置を有し、最高速度35km/h未満の農耕用トラクター、コンバイン、田植機、薬剤散布車も小型特殊自動車として、軽自動車税の課税対象になり、登録が必要です。
 (注)登録時と異なる車両にナンバープレートを付替えて使用することはできません。
 
 (注)三輪・四輪以上の軽自動車ならびに軽二輪車または二輪の小型自動車については、それぞれ上記の申告受付窓口に問い合わせてください。
 
 
 

 
◆軽自動車税の減免

 身体・精神に障害があるため歩行することが困難な人が所有する軽自動車については、一人一台に限り、軽自動車税を減免する制度があります。
 (注)自動車税(県税)の減免を受けられる方、「豊岡市障害者福祉タクシー利用料金助成事業」および「外出支援サービス事業」の利用者の方は減免を受けることはできません。
  
 
■減免の対象となる軽自動車
 
 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳および精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方(減免対象については、以下の「障害の範囲」参照)の移動手段として継続的に使用する次の軽自動車
1 障害者またはその家族で生計を一にするものが所有する軽自動車
2 障害者のみの世帯の方が所有するもので、その方を常時介護する方が運転する軽自動車 (注)常時介護者運転 

 ■減免申請の方法 

1 申請場所
  豊岡市役所税務課市民税係または各振興局市民福祉課
 
2 必要なもの
(1) 減免申請書
(2) 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のうち該当のもの
(3) 印鑑
(4) 運転免許証(運転される方のもの)
(5) 誓約書(家族が運転する場合)
 (注)常時介護者運転の場合は、常時介護者申立書と世帯員全員の障害者手帳等の写しが必要となります。
 
3 申請受付期間
  4月1日から納期限まで

 

≪障害の範囲≫
 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳および精神障害者保健福祉手帳をお持ちで等級が次の表に当てはまる方
 
区分 障害の程度

障害者本人が所有し、かつ自ら運転する場合

左記以外の場合
視覚障害 身体障害者 1~4
戦傷病者 項症 特別~4
聴覚障害 身体障害者 2~4
戦傷病者 項症 特別~4
平衡機能障害 身体障害者 3、5
戦傷病者 項症 特別~4
音声機能障害 身体障害者 3(喉頭摘出による音声機能障害がある場合に限る)
戦傷病者 項症 特別~2(喉頭摘出による音声機能障害がある場合に限る)
上肢不自由 身体障害者 1~6 1~3
戦傷病者 項症 特別~6 特別~5
  款症 1~3
下肢不自由 身体障害者 1~6
戦傷病者 項症 特別~6
  款症 1~3
体幹不自由 身体障害者 1~3、5
戦傷病者 項症 特別~6
  款症 1~3
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害 上肢機能 身体障害者 1~6 1~3
移動機能     1~6
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸または小腸の機能障害 身体障害者 1、3、4
戦傷病者 項症 特別~5
肝臓機能障害 身体障害者 1~3
戦傷病者 項症 特別~3
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 身体障害者 1~3
療育手帳の交付を受けている方 知的障害者 重度(A)、中度(B1)
精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方 精神障害者 1級
 
 (注)上肢不自由等の場合は、運転者別によって障害の範囲が異なりますので注意してください。
 (注)療育手帳および精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方の本人運転に対する減免はありません。 
  
 
 
 
 

 


問合せ

市民生活部 税務課 市民税係
Tel:0796-21-9045
Fax:0796-23-1441
E-mail:zeimu@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?