母子家庭等高等職業訓練促進給付金等支給事業

母子家庭等高等職業訓練促進給付金等支給事業

  母子家庭の母または父子家庭の父が就業に結びつきやすい資格を取得するために、養成機関で修業される場合、修業期間のうち一定期間について高等職業訓練促進給付金を支給します。また、養成機関への入学時における負担を考慮し高等職業訓練修了支援給付金を修了後に支給します。 平成28年4月から拡充になりました。
★必ず事前相談が必要です。
★所得制限あり。

1 対象者
  市内に住所を有する20歳未満の児童を扶養する母子家庭の母または父子家庭の父(父子家庭の父は、平成25年4月1日以降に修業を開始したもの)であって、次の全ての要件に該当する方
 (1) 児童扶養手当の支給を受けているか、同様の所得水準にある方
 (2) 養成機関で修業期間が1年以上の課程を修業し、対象資格の取得が見込まれる方
 (3) 就業または育児と修業の両立が困難であると認められる方
 (4) 過去に訓練給付金等を受けていない方

2  対象資格
 (1) 看護師(准看護師を含む)
 (2) 介護福祉士
 (3) 保育士
 (4) 理学療法士
 (5) 作業療法士            など
 

3 支給期間および支給対象期間
 修業期間(上限3年)に支給します。支給決定されると、申請日のあった月が支給開始月となります。
 (1) 高等職業訓練促進給付金
  ア 市町村民税非課税世帯 月額100,000円
  イ 市町村民税課税世帯  月額  70,500円
 (2) 高等職業訓練修了支援給付金(支給は修了後)
  ア 市町村民税非課税世帯 50,000円 
  イ 市町村民税課税世帯  25,000円
 

4 手続きについて
 養成機関での修業前に、事前相談が必要です。資格取得見込みや生活状況等の聞き取りを行います。

 




問合せ

健康福祉部 社会福祉課 生活援護係
Tel:0796-24-7031
Fax:0796-24-4516
E-mail:shakaifukushi@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?