出石皿そば協同組合から寄付をいただきました

出石皿そば協同組合から寄付をいただきました

出石皿そば協同組合から寄付をいただきました

▲中貝市長(左)に寄付金を手渡す出石皿そば協同組合副理事長の川原春道さん、
同 川見啓介さん、同 石田伊久雄(左から)さん

 7月21日、出石皿そば協同組合から、新型インフルエンザ対策に活用してもらおうと、154,200円の寄付をいただきました。
 これは、新型インフルエンザによる風評被害を一掃しようと、出石皿そば協同組合が6月27日、28日の2日間、出石総合支所前で開催した「元気回復キャンペーン『出石皿そば 元気でござる』」の売上金の一部です。
 このキャンペーンは、通常、1人前(5皿)850円の出石皿そばを300円で提供し、市内外からの来場者で大盛況でした。
 中貝市長が「新型インフルエンザ対策として、『食のイベント』とは、なかなか思いつかない。盛況だったと聞きます」と声を掛けると、副理事長の川原春道さんは「屋外でのイベントは天候に左右されますが、今回のイベントは2日間とも晴天で、大勢の方が来場されました。皿そば組合としてもうれしいことでした。この売り上げは、今後の新型インフルエンザ対策に役立ててください」と話しました。
 また、中貝市長は「今のところ、新型インフルエンザは影を潜めていますが、消滅したわけではなく、継続的に患者も発生している様子。流行が心配される秋に向け、気を引き締めて、対応したいと考えています」と語りました。

 寄付金は有効に活用させていただきます。ありがとうございました。

 なお、出石皿そば協同組合は、残りの売上金と募金についても、県に寄付されます。




問合せ

出石振興局 地域振興課 地域振興係
Tel:0796-52-3111
Fax:0796-52-6033
E-mail:izushi-chiiki@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?