豊岡市とコープこうべが「レジ袋削減の取組みに関する協定」を締結

市とコープこうべが「レジ袋削減の取組みに関する協定」を締結

 5月25日、市と生活協同組合コープこうべが但馬地方では初めてとなる「レジ袋削減の取組みに関する協定」を締結しました。
 国民1人当たりが、年間に使用するレジ袋が約300枚といわれている現在、レジ袋の削減(マイバッグ運動)は直接的なごみの発生抑制につながるだけでなく、消費者に意識の変化を促がす効果的な取組みです。
 協定の主な内容は、コープこうべでは、6月1日からレジ袋代金のレジ精算方式(レジ袋の有料化)を実施し、マイバック持参率90パーセント以上を目指すとともに、集まったレジ袋代金は環境保全に活用することで、市としては、廃棄物循環型社会の実現に向けて、市民や他の事業者の理解・協力が得られるよう積極的に広報啓発を行うことなどです。
 ごみを減量し環境保全を推進するため、皆さん、ぜひ「マイバック運動」にご協力をお願いします。

協定書を取り交わすコープこうべ第6地区本部長 松村晋策さん(写真右)と中貝市長

協定書を取り交わすコープこうべ第6地区本部長 松村晋策さん(写真右)と中貝市長



 なお、市ではこれを機会に、他の事業者へも働きかけ、賛同いただける事業者と協力関係を築き、取組みの輪を広げていきたいと考えています。


開催日:2007年5月25日

問合せ

市民生活部 生活環境課
Tel:0796-23-5304
Fax:0796-23-0915
E-mail:seikatsukankyou@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?