戸籍証明等の郵便請求

戸籍証明等の郵便請求

  戸籍謄・抄本や戸籍に関する証明書等の交付を郵便で請求することができます。     

1 請求方法について

    次のものを同封して請求してください。

        (1)  戸籍証明等郵便請求書(下部をダウンロードして使用してください)

     (印刷できない場合は、白紙に次のことがらを記入してください) 

・請求者の住所、氏名(押印必要)、生年月日、電話番号

・何が何通必要か

・本籍地(住民票の場合は住所)

・戸籍の筆頭者(住民票の場合は世帯主)

・必要な人の氏名および請求者との関係

・使用目的(具体的に)

    (2) 手数料分の定額小為替(ゆうちょ銀行で取り扱っています)

      市町村により手数料が異なりますので注意してください。

    (3) 返信用封筒(切手を貼り、宛て先を記入済のもの。急ぎの場合には、速達分280円を追加してください)

    戸籍証明の場合は請求者の住民登録地以外にはお送りできません。

    (4) 請求者の身分証明書等(運転免許証、住基カード、保険証などで必ず現住所の記載のあるもの)の写し

  (5) 続柄等確認資料

    戸籍証明を請求される場合、本市で続柄が確認できない際には戸籍謄本等、続柄が確認できる資料が必要な場合があります。

 

2 請求できる方 

   (1) 住民票関係<世帯全部、世帯一部、記載事項証明等>

     本人または同一世帯の方

   (2) 戸籍関係<全部事項証明(謄本)、一部事項証明(抄本)、附票等>

     本人、配偶者、直系尊属(父、母、祖父、祖母 等)、直系卑属(子、孫、ひ孫 等)

   (3) 身分証明書、独身証明書

     本人

 

   ※上記以外の方が請求する場合は、原則として委任状が必要となります。

 

   ※独身証明書は本人以外の方からの請求はできません。

 

3 請求される場合のお願い

   (1) 豊岡市では、平成16年(旧但東町では平成13年)に戸籍を電算化しており、それまでの戸籍は「平成改製原戸籍」といい手数料は1通750円です。

    ※改製日以前の身分事項の異動について、現在の戸籍には記載されていない場合があり

     ます。

    ※改製日以前に死亡、婚姻、離婚などで戸籍から除かれている場合、現在戸籍には記  

     載されません。

 

   (2) 相続関係で戸籍を請求される場合、どのような内容の戸籍が必要かを、請求書の使用目的欄に記入してください。

 

   (3) 戸籍が改製されると戸籍の附票も改製されます。また婚姻、縁組、離婚等で新戸籍が編成された場合も戸籍の附票は新しく編成されます。

    ※豊岡市では、改製前の戸籍の附票、除かれた戸籍の附票の保存期間は10年です。

    ※改製日(新戸籍編成)以前の住所履歴から現在の住所までの証明が必要な場合は、1通では証明できない場合があります。その場合は、手数料が追加となりますので、ご了承ください。

   (4) 戸籍の附票を請求される場合、どこからどこまでの住所の証明が必要か、または現住所の証明だけでよいのかを、請求書に記入してください。 

    【手数料一覧

 

手数料

 

手数料

戸籍全部事項証明書

(戸籍謄本)

1  450

戸籍の附票の写し

除籍(改製原戸籍)の附票の写し

1  300

戸籍個人事項証明書

(戸籍抄本)

1  450

住民票の写し

除かれた住民票の写し 

1  300

除籍(改製原戸籍)謄本・抄本

1  750

身分証明書

1通 300円

  独身証明書

1通 300円

 

  ・請求先 

   〒668-8666

    兵庫県豊岡市中央町2番4号

    豊岡市役所 市民課 市民係

 



ダウンロード

問合せ

市民生活部 市民課 市民係
Tel:0796-21-9015
Fax:0796-24-0106
E-mail:shimin@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?