国民年金保険料の免除と追納

国民年金保険料の免除と追納

経済的に保険料を納めることが困難な人などのために、免除・猶予制度があります。
免除の申請は、各種必要なものを持参の上、本庁市民課市民係または各振興局市民福祉
課で手続きしてください。
 
1 免除の種類
【法定免除】
生活保護法による生活扶助または、障害基礎年金(1級・2級)を受けている方など。
 〔申請に必要なもの〕
・     年金手帳など基礎年金番号の分かるもの
・     印鑑
・     生活保護受給者・・・生活保護受給証明書や決定通知書など
・     障害年金受給者・・・年金証書
 
【申請免除(全額免除および一部免除)】
失業・倒産・収入が少ないなどの理由で保険料の納付が困難な方。
(本人・配偶者・世帯主の前年(前々年)所得の審査あり)
 〔申請できる期間〕  ※1
   ・ 申請時点から2年1カ月前にさかのぼった期間のうち保険料未納期間
   ・ 平成29年度分(平成29年7月~平成30年6月分)・・・平成29年7月1日から
  
 〔申請に必要なもの〕 ※2
・     年金手帳など基礎年金番号の分かるもの
・     印鑑
・     失業した方・・・雇用保険受給資格者証または雇用保険被保険者離職票などの写し
・     倒産した方・・・廃業届または離職者支援資金貸付決定通知書などの写し
※過去にさかのぼった期間について申請する場合は、申請期間の住所や世帯主、所得
  状況などの申立てが必要な場合があります。
 
【納付猶予制度】
 50歳未満の方で失業・倒産・収入が少ないなどの理由で保険料の納付が困難な方。
 (本人・配偶者の前年(前々年)所得の審査あり)
 
 〔申請できる期間〕      上記 ※1 と同じ
  
 〔申請に必要なもの〕    上記 ※2 と同じ
 
【学生納付特例】
 学生であり、本人の前年所得が“118万円+ 扶養人数×38万円”以下の方。
  
  〔申請できる期間〕
    ・ 申請時点から2年1カ月前にさかのぼった期間のうち保険料未納期間
    ・ 平成29年度分(平成29年4月~平成30年3月分)・・・平成29年4月1日から
 
  〔申請に必要なもの〕
   上記 ※2 に加えて
    ・    学生証明書の両面コピーまたは在学証明書・在学期間証明書(原本)のいずれか1つ
※過去にさかのぼった期間について申請する場合は、申請期間の住所や所得状況など
  の申立てが必要な場合があります。
 
2 免除・猶予等と未納の違い
 
 
納  付
法 定 免 除
申 請 免 除
(全 額)
申 請 免 除
(一 部)※
納付猶予
学生納付特例
 
未  納
老齢基礎年金を受け取るための資格期間
含まれます
含まれます
含まれます
含まれます
×
含まれません
老齢基礎年金額
含まれます
含まれます
含まれます
×
含まれません
×
含まれません
障害・遺族基礎年金を受けるための資格期間
含まれます
含まれます
含まれます
含まれます
×
含まれません
※ 申請免除(一部)の場合は、保険料を納めていないと含まれません。
免除認定期間は、全額免除・一部免除の区分に応じた老齢基礎年金額として含まれます。
 
3 承認期間
 申請免除・納付猶予制度は、原則として申請日にかかわらず、7月から翌年6月まで(申請
日が1月から6月までの場合は、前年7月から6月まで)の期間を対象として審査します。
 ただし、申請時点の2年1カ月前にさかのぼった期間のうち未納期間について申請した場合
は、その期間のサイクル(7月から翌年6月)毎に審査します。
 
 学生納付特例は、原則として申請日にかかわらず、4月から翌年3月まで(申請日が1月か
ら3月までの場合は、前年4月から3月まで)の期間を対象として審査します。
 ただし、申請時点の2年1カ月前にさかのぼった期間のうち未納期間について申請した場合
は、そのサイクル(4月から翌年3月)毎に審査します。
 
4 保険料免除期間の追納
 保険料免除の承認をされた期間は、定額保険料で納めた場合よりも老齢基礎年金が少なくな
ってしまいます。
 しかし、65歳未満で10年以内であればさかのぼって納めること(追納)ができます。生活にゆと
りができたときや、将来もらえる年金額を満額に近づけたい方は、忘れずに追納しましょう。
 ただし、3年度目から経過した期間に応じて当時の保険料に一定の加算額が上乗せされます
ので、早目の追納をお勧めします。
 
  
 

    詳しくは日本年金機構ホームページをご覧ください


問合せ

市民生活部 市民課 市民係
Tel:0796-21-9015
Fax:0796-24-0106
E-mail:shimin@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?