西日本衛材株式会社からコウノトリ基金に寄付をいただきました!(平成30年6月)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005418  更新日 平成30年6月27日

印刷大きな文字で印刷

 平成30年6月21日、西日本衛材株式会社(兵庫県たつの市)から、豊岡市コウノトリ基金に30,000円の寄付をいただきました。

 西日本衛材株式会社では、兵庫県内の官公庁や企業から回収した古紙を原料の一部に再利用して、地元の工場で生産し、県内の企業や団体での利用を図る「地産地消」のトイレットペーパー「兵庫の紙」を製造発売しています。
 同社では「兵庫の紙」の販売1ロールにつき1円を寄付する取組みを平成22年から継続しており、今回で16回目の寄付です。
 代表取締役社長の合田さんは「世界的にも日本食、米がブームになっている今、地元でおいしいお米を安心して食べられるのはいいことだ」とコウノトリ野生復帰の取組みの一つであるコウノトリ育む農法について話しました。

「兵庫の紙」を手にする合田社長と葛島さん、併せて目録を手にする中貝市長
左から、西日本衛材株式会社代表取締役社長の合田康人さん、中貝市長、同社営業部の葛島彩人さん
広げた状態の「兵庫の紙」包装紙の画像
「兵庫の紙」の包み紙

 多くの企業や団体が同社の取組みに賛同し「兵庫の紙」を購入しています。
 トイレットペーパーは幅広い種類の紙からリサイクルできるそうです。これまで廃棄処分していたコピー用紙などを”リサイクルの輪”に加えてみませんか?

 いただいた寄付金は、有効に活用させていただきます。
 ありがとうございました!

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

コウノトリ共生部 コウノトリ共生課 自然再生係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9017 ファクス:0796-24-7801
問合せは専用フォームを利用してください。