環境経済認定事業を紹介します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002311  更新日 平成30年8月7日

印刷大きな文字で印刷

 最先端技術で太陽電池を造り、地球温暖化防止に貢献する企業。昔からの知恵に少し工夫を加えて木炭を作り、生きものいっぱいの里山を守る企業。このような、豊岡市内の企業で、利益を追求する事業で環境が改善されるものを「環境経済事業認定」します。
注:認定された事業を行う企業を順次追加掲載します。

認定番号1

写真:瓦一体型太陽電池

企業名
カネカソーラーテック株式会社
事業名
太陽電池の製造
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

年間120メガワット(一般家庭4万軒分)の薄膜シリコン太陽電池を製造しています。
この太陽電池には、結晶シリコンのものと比べて製造工程での使用エネルギーが少ない、暑いときにも発電効率が下がらないなどの特徴があります。

認定番号2

写真:ペレット

企業名
株式会社豊岡ペレット
事業名
間伐材によるペレットの製造
環境経済・事業の内容

森林環境の保全、地球温暖化防止

間伐材を原料とした燃料用の木質ペレットを製造しています。
製造したペレットは、一般家庭のほか、市内小中学校に導入しているペレットストーブや温泉施設のペレットボイラーなどで使用しています。

認定番号3

写真:エコプリ

企業名
株式会社北星社
事業名
水なし印刷、FSC森林認証用紙使用、ベジタブルインキ使用等
環境経済・事業の内容

廃液の削減による森林の持続的使用および化石燃料の使用削減

環境への負荷が少ない印刷をしています。

  • 水なし印刷:有害な廃液が出ない印刷方法です。
  • FSC森林認証用紙:適切な生産管理の認証を受けた森林の木材を使用した用紙です。
  • ベジタブルインキ使用:植物油由来のインキを使用します。
  • カーボンオフセットに取り組んでいます。

認定番号4

写真:太陽光発電システム

企業名
株式会社キヅキ商会
事業名
遊休土地への太陽光発電システムの設置
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

利用されていない土地と自然の光を有効活用するため、太陽電池設置の提案と工事をしています。
太陽電池の架台に、汎用性の高いJIS単管を使用することにより、低コスト化と工期の短縮を実現しています。

認定番号5

写真:シイタケ

企業名
みのる産業株式会社
事業名
使用済み菌床を有効活用する椎茸の栽培
環境経済・事業の内容

廃棄物の削減、有効利用

おがくずを利用してシイタケを栽培し、シイタケの栽培を終えたおがくずを但東畜産センターと連携して有機肥料の原料として活用しています。

認定番号6

写真:省エネ型水処理施設

企業名
OESアクアフオーコ株式会社
事業名
省エネ型水処理施設の設計・製造・施工
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

水処理機器の省エネを実現しています。
例えば、沈殿した汚泥を掻き寄せる機器のチェーンとホイールを樹脂製にして総重量を3分の1にし、駆動のための電力量を70%以上減らしています。

認定番号7

写真:ペレットストーブ

企業名
株式会社SUNWEST
事業名
ペレットストーブ等の販売
環境経済・事業の内容

森林環境の保全、地球温暖化防止

イタリア製の木質ペレットストーブおよび薪ストーブの販売、設置工事や設置後のメンテナンスを行っています。
また、このメーカーの日本総代理店として、全国の小売業者へ卸売をしています。

認定番号8

イラスト:廃タイヤを利用した振動伝播防止工事

企業名
株式会社オーク
事業名
廃タイヤを利用した振動伝播防止工事
環境経済・事業の内容

公害を改善

幹線道路や鉄道沿い、工事現場などで発生する地盤振動を廃タイヤを利用した防振材で遮断・低減する工事です。(特許工法)
これまで、モノレール走行による振動公害対策工事などで利用され、効果が実証されています。

認定番号9

写真:リサイクルビニール生地を使用した車検証入れ

企業名
株式会社オートグラント
事業名
リサイクルビニール生地を使用した車検証入れの製造
環境経済・事業の内容

廃棄物を削減し、化石資源の節約

会社名などを入れたビニール素材の車検証入れを製造しています。
生地の9割以上はリサイクル認定を受けたもので、裁断で出る残り生地もリサイクル工場に返却し、資源循環を図っています。

認定番号10

写真:米粉バウムクーヘン

企業名
有限会社ティーアンドエムズ
事業名
コウノトリ育む農法の米を使用したスイーツの製造
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

こうのとり育む農法の米を使ったスイーツを製造し、『co・co・ro』シリーズとして販売しています。現在は米粉を50%以上使用した米粉カステラと米粉バウムクーヘン、また、米100%使用の米粉チーズケーキの3品を製造・販売しています。

認定番号11

写真:木造建築の耐震補強工法「耐震ブレースX」

企業名
株式会社川嶋建設
事業名
炭素繊維による建物外部での木造耐震工事
環境経済・事業の内容

補強工事の際の廃棄物の削減

木造建築の耐震補強工法『耐震ブレースX』は、筋交いに炭素繊維を使用した工法です。
炭素繊維は鉄の10倍の強度を持つので筋交いが細くなり、視界の遮りを少なくできます。
また、外壁の仕上げ材をほとんど撤去せずに施工できます。

認定番号12

写真:コウノトリ本舗

企業名
コウノトリ羽ばたく会株式会社
事業名
コウノトリ育む農法の米、その加工品等の販売
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

県立コウノトリの郷公園駐車場内の『コウノトリ本舗』でコウノトリ育む農法の米や酒などを販売しています。
また、店内の喫茶コーナーではコウノトリ育む農法の米を使ったスイーツ、おにぎりなどを提供しています。

認定番号13

写真:バイオポリエチレンフィルムを加工した包装袋

企業名
株式会社メイワパックス
事業名
バイオポリエチレンを使用したフィルムの製造
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

サトウキビの廃糖蜜から生成されるポリエチレンを使用したフィルムを製造しています。
独自技術で原料の59%にバイオポリエチレンを使うことが可能になりました。フィルムは袋に加工し、洗剤・シャンプー・食品等の包装袋として販売しています。

認定番号14

写真:こうのとりの舞ブランドの野菜や米の販売の様子

企業名
株式会社魚飯菜
事業名
こうのとりの舞の野菜等地元生鮮食品・その加工品の販売
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

豊岡市の農産物認定制度『コウノトリの舞』ブランドの野菜や米の販売を行っています。
また、『コウノトリの舞』の農産物を使った弁当や惣菜などの加工品も販売しています。

認定番号15

写真:使用済みペットボトル混合ポリ袋

企業名
丸真化学工業株式会社
事業名
使用済みペットボトル混合ポリ袋の製造
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

回収された使用済みペットボトルを粉砕・洗浄・乾燥し、石油由来原料に30%混合したポリ袋を製造しています。
この袋は、一般的なポリ袋と同等以上の強度を持ち、異臭を遮断する、静電気が発生しにくいなどの長所もあります。

認定番号16

写真:米ぬか混合ポリ袋

企業名
丸真化学工業株式会社
事業名
米ぬか混合ポリ袋の製造
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

廃棄処分される米ぬかとポリエチレンを混合させた原料を使用するポリ袋『ヌカエルエコパック』を製造しています。
米ぬかの持つ抗菌作用や消臭作用等も実証され、生鮮食品の鮮度保持なども期待されます。

認定番号18

写真:木炭

企業名
神鍋白炭工房
事業名
木炭等の製造
環境経済・事業の内容

森林環境の保全および地球温暖化防止

地域の間伐材などを活用し、燃料、浄水、農業、工業等に使用される木炭を製造しています。
また、この工程で発生する木酢液、木灰等も商品化し、販売しています。

認定番号19

写真:断熱塗料の塗布の様子

企業名
株式会社北近畿緑地建設
事業名
断熱塗料の塗布
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

遮熱塗料『ECO遮熱シールドK&G』を建物の屋根や外壁、窓ガラスに塗ることで、夏の暑さ、冬の寒さを遮断し、緩和します。
また、窓ガラスへの塗布により、窓から入る紫外線の大部分をカットできます。

認定番号20

写真:建物外部での木造耐震補強工法『ウッドピタ』施工の様子

企業名
株式会社中川工務店
事業名
建物外部での木造耐震補強工事
環境経済・事業の内容

撤去、解体などによる廃棄物が出ない

建物外部での木造住宅・木造施設の耐震補強工法『ウッドピタ』を施工しています。
この工法は、建物外側からの簡易な工事で、巨大地震の揺れに耐える補強技術であり、日本建築防災協会の技術評価も取得している環境にやさしい工法です。

認定番号21

写真:コウノトリ育む農法の米を使用した米粉、米麺

企業名
丸萬中源株式会社
事業名
コウノトリ育む農法の米を使用した米粉、米麺の販売
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法の米を使用した米粉、米麺、団子などを商品化し、販売しています。
また、この米から米麹を製造し、地元海産物、畜産品、野菜類の塩麹漬けの商品開発を進めています。

認定番号22

ロゴマーク:エコアクション21

企業名
株式会社クーヴ
事業名
ISO14001、エコアクション21等認証取得支援
環境経済・事業の内容

環境行動する事業者を増やす事業

ISO14001、エコアクション21、KES(環境マネジメントシステム・スタンダード)等の環境マネジメントシステムの審査業務と、その拡充のための認証取得支援コンサルテーション業務を行なっています。

認定番号23

写真:建築端材による家具

企業名
嶋田建築
事業名
建築端材による家具、生活小物の製造
環境経済・事業の内容

廃棄物を減らし有効活用する

住宅建築で発生する端材を活用し、建具、家具、生活小物を製造・販売しています。
また、オーダーメイド家具や生活小物がついた付加価値の高い住宅を提供しています。

認定番号24

写真:遮熱断熱塗料およびコートの塗布の様子

企業名
有限会社総美
事業名
遮熱断熱塗料およびコートの塗布
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

特殊な塗料やコート剤を、建物の屋根、外壁、窓ガラスなどに塗ります。
これにより、太陽の熱エネルギーを90%以上反射し、温度の上昇を抑えるとともに、建物を紫外線から守り、長持ちさせます。

認定番号25

写真:有機性の土壌改良材製造の様子

企業名
有限会社うりた重機興業
事業名
刈草、剪定枝葉、伐採竹等による土壌改良材の製造
環境経済・事業の内容

廃棄物を減らし、有効活用する

道路沿いや河川敷の草刈り、里山整備などで発生する刈草、伐採した竹、剪定した枝葉などを粉砕し、水分調整、攪拌作業だけで発酵熟成させ、有機性の土壌改良材を製造します。

認定番号26

写真:環境配慮型素材を使用したかばん

企業名
株式会社ウノフク
事業名
環境配慮型素材を使用したかばん、袋物、財布の製造・販売
環境経済・事業の内容

生きものに優しい環境を広げる

生地に環境配慮型素材(オーガニックコットン、植物由来のタンニンでなめしたヌメ革、ペットボトルリユース素材、革の端材)を使用した、かばん・袋物・財布などを製造・販売しています。
「マザーズバッグ」をコンセプトとし、安全・安心の素材を使います。

認定番号27

写真:木質チップ

企業名
有限会社ナカニシグローバル
事業名
間伐材による木質チップ、ペレットの製造
環境経済・事業の内容

森林環境の保全、市内資源の活用

間伐材など利用されない木材を原料とした製紙用・燃料用の木質チップと燃料用の木質ペレットを製造しています。
また、国産ペレットストーブの販売も行っています。

認定番号28

写真:米ぬか石けん「come savon」

企業名
人、自然にやさしいお店。moko
事業名
コウノトリ育む農法の古代米を使用した石鹸の製造
環境経済・事業の内容

自然界に蓄積される合成化学物質を減らす

お肌にも自然にも優しい石けん“come savon”を販売しています。コウノトリ育む農法で栽培された古代米のぬかを配合し、汚れをすっきり落とします。
また、無添加製法にこだわり、排水に流されても生分解され自然に還ります。

認定番号29

写真:ドジョウの養殖池

企業名
鴻舞園株式会社
事業名
耕作放棄地を活用したドジョウの養殖
環境経済・事業の内容

田園景観を保全する

休耕田や耕作放棄地を利用して、この地域の遺伝子を持ったドジョウを養殖しています。
また、農家の方に稚魚とノウハウを提供して養殖をお願いし、販売しています。

認定番号30

写真:コウノトリのコーちゃんミニカステラ

企業名
社会福祉法人 とよおか福祉会
事業名
コウノトリ育む農法の米粉を使用したミニカステラの製造
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

障害者の就労支援施設である「とよおか作業所 郷・とーぷ」で、コウノトリ育む農法のお米を原料に使用した「コウノトリのコーちゃんミニカステラ」を製造しています。

認定番号31

写真:かばん材料の端材を利用した競走馬用鞍

企業名
石井鞄工業株式会社
事業名
かばん材料の端材を利用した競走馬用鞍の製造
環境経済・事業の内容

廃棄物を減らし、有効活用する

アタッシェケースの製造過程で発生する皮革素材の残り生地を活用し、乗馬・競走馬用の鞍の製造を開始しました。
国内で使用されている競走馬用の鞍は、現在全て外国製で、国内企業では初参入です。

認定番号32

写真:ウノトリ育む農法の米を使用したパン

企業名
ブーランジュリーモン
事業名
コウノトリ育む農法の米を使用したパン・スイーツの製造
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法の米を加工した米粉を原料として、パンやスイーツを製造・販売しています。
また、市内の無農薬・減農薬の野菜などを使用したパンなども製造・販売しています。

認定番号33

写真:竹パウダー

企業名
株式会社谷垣組
事業名
竹パウダーの製造
環境経済・事業の内容

森林環境の保全

伐採した竹を粉砕機で粉状にし、竹の力で乳酸菌発酵させて、安全・安心な土壌改良材を製造しています。
竹パウダーは、野菜・果樹・稲などの栽培に利用されています。

認定番号34

写真:加工工場排水(有機高分子化合物)の浄化処理例

企業名
マリヤ医科興業株式会社
事業名
高効率気体溶解装置を利用した環境改善機器の製造
環境経済・事業の内容

水をきれいにする

水産加工、食品加工や畜産業で発生する廃水を浄化する装置を製造します。
製造する装置は、マイクロバブルによる廃水の浮上分離を行うものと、オゾンマイクロバブルによる促進酸化を行うものがあります。

認定番号35

写真:環境対応閉鎖型小型電気炉

企業名
株式会社東豊精工
事業名
環境対応型小型電子炉・小型除煙装置の製造
環境経済・事業の内容

空気をきれいにする

ばねの熱処理を行う電気炉に、熱効率を高める装置と、臭気・油煙をひとまとめに分解・浄化し炉外に排出する装置を開発し、製造・販売しています。

認定番号36

写真:こうのとり生姜を加工した商品

企業名
中筋生きがいクラブ
事業名
こうのとり生姜を加工した商品の製造
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

耕作放棄地を利用し、減農薬で栽培された「こうのとり生姜」を原料として、シロップ、コンフィチュール(ジャム)などの商品を製造しています。
「いつでもどこでも本物の生姜を味わっていただきたい」そんな思いをこめて、愛情と手間を掛け、一つ一つ手作りしています。

認定番号37

写真:段ボールケースの下敷き材

企業名
株式会社豊岡紙器
事業名
段ボールシートの端材を利用した下敷き材等の製造
環境経済・事業の内容

廃棄物を減らし、有効活用する

段ボール箱製造の過程で発生する端材を加工し、段ボールケースの下敷き材等を製造しています。
端材を利用することで廃棄コストが削減できるだけでなく、低コストで下敷き材等を製造できます。

認定番号38

写真:コウノトリ育む農法の米を使用したおこわ、煎餅

企業名
角谷製菓株式会社
事業名
コウノトリ育む農法の米を使用したおこわ、煎餅の製造
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法の米を使用して、おこわ・煎餅を製造しています。
モンドセレクションを受賞するなど評価が高い商品です。

認定番号39

写真:コウノトリ育む農法の米を使用した和菓子

企業名
有限会社和平(豊岡わこう堂)
事業名
コウノトリ育む農法の米を使用した和洋菓子の製造
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法で栽培された米や米粉を使用し、豊岡市内の店舗(豊岡わこう堂)内で和洋菓子を製造しています。
豊岡産原料にこだわるとともに、“コウノトリ”や「菓祖・中嶋神社」を持つ“お菓子のふるさと”という豊岡の特長を生かした商品づくりをしています。

認定番号40

写真:パッシブデザインを用いた省エネルギー・エコ住宅

企業名
合資会社中村組
事業名
パッシブデザインハウスの建設
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止 

パッシブデザインを用いた省エネルギー・エコ住宅の提案と設計施工をしています。
環境だけでなく家計に対しても優しい住宅であることが特長です。

「パッシブデザイン」

自然エネルギーを効率良く利用し、電気などのエネルギー削減を図る建築設計方法

認定番号41

写真:皮籐の再利用による籐籠

企業名
たくみ工芸
事業名
皮籐の再利用による籐籠等の製造
環境経済・事業の内容

廃棄物の削減、有効利用

籐家具メーカーなどから排出される「籐」の皮を再利用し、籠などを製造、販売しています。
伝統工芸士「寺内卓己」さんを中心とした作り手達によって製造された“籠”は、高い評価を受けています。

認定番号42

写真:地元産木質ペレットを熱源としたハウス栽培トマト

企業名
株式会社エム
事業名
地元産木質ペレットを熱源としたハウス栽培
環境経済・事業の内容

森林環境の保全、市内資源の活用

石油の代わりに地元間伐材を原料としたペレットを熱源として使用し、冬~春期にトマトのハウス栽培を行います。これにより、森林保全が進みます。
栽培農場名はHakaza Biomass Farm、ここで生産されたトマトは地元ブランド「Toyooka Fresh Tomato」として市内土産物店等で販売しています。

認定番号43

写真:きぶろっく(R)

企業名
株式会社ウッドプラン
事業名
豊岡産木を使用した高級木製ブロックの製造
環境経済・事業の内容

森林環境の保全、市内資源の活用

地元木材の利用により、樹齢の高い木が伐採され森林更新が進むことで保全が進みます。
商品名「きぶろっく(R)」は、ブロック状に木材を加工したもので、自分で組み合わせて自由に家具を作ることができます。

認定番号44

写真:コウノトリ育む農法で栽培された米を活用した美容用品

企業名
株式会社お米のきたむら
事業名
コウノトリ育む農法の米を使用した美容用品等の開発・販売
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法で栽培された米を活用した美容用品等の開発・販売を進めています。

認定番号45

写真:コウノトリ育む農法の米を使用した練り製品

企業名
二方蒲鉾株式会社
事業名
コウノトリ育む農法の米を使用した練り製品の製造
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法で栽培された米を使用した練り製品の開発を進めています。

認定番号46

写真:木材チップに加工されたコンクリート用木製型枠

企業名
株式会社中村建設ナカフサ
事業名
コンクリート用木製型枠のリサイクル事業
環境経済・事業の内容

廃棄物を減らし、有効活用する

今まで焼却処分していたコンクリート用木製型枠を破砕機で木材チップに加工し、セメント製造メーカーに販売しています。燃料として使われた木材チップの灰は再度セメントにリサイクルされます。

認定番号47

写真:資源米、米ぬかを使用したバイオポリ袋

企業名
株式会社タニーパック
事業名
資源米、米ぬかを使用したバイオポリ袋の製造
環境経済・事業の内容

廃棄物を減らし、有効活用する

資源米や廃棄処分される米ぬかなどを利用したバイオポリ袋を開発しました。袋の素材の一部にバイオマス原料を混ぜることで、環境に配慮した袋を製造することができます。

認定番号48

写真:オリジナルLED照明

企業名
株式会社ラピスジャパン
事業名
オリジナルLED照明の企画・開発・販売
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止、廃棄物の抑制

ラピスジャパンではオーダーメイドでのLEDの制作を行っています。カラーLEDでの対応や配列、また使用用途までニーズに合わせた商品開発を行っています。

認定番号49

写真:味噌

写真:塩糀

企業名
有限会社花房商店
事業名
コウノトリ育む農法の米・大豆を使用した、醤油・味噌・糀製品の製造
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法で栽培された米とコウノトリ大豆で仕込んだ味噌『鸛の福(こうのふく)』やコウノトリ育むお米を使用した糀製品を製造しています。また醤油の原料の一部にもコウノトリ大豆を使用しています。

認定番号50

写真:建設発生土のリサイクル事業

企業名
クローバー資源開発株式会社
事業名
建設発生土のリサイクル事業
環境経済・事業の内容

廃棄物を減らし有効活用する

建設現場などで発生する土を選別し、pH調整などを行うことで、土を廃棄せず資源として有効活用することができます。

認定番号51

写真:ペレット

企業名
川中建築
事業名
木材の端材と葦の木質系ペレット燃料の製造
環境経済・事業の内容

森林環境の保全、市内資源の利用

木材プレカットの端材を原料とした燃料用の木質系ペレットを製造しています。また、地域で出た葦(ヨシ)を混合させたペレットも製造しています。

認定番号53

写真:カバンクリーニング・リペアー前(左)と後(右)

企業名
有限会社衣川クリーニング
事業名
カバンクリーニング・リペアー
環境経済・事業の内容

廃棄物の削減

加工技術によって使い古しや修理が必要になったかばんなどを修理・復元しています。今まで捨てられていたかばんを長期的に使うことで、かばんの廃棄が減ります。

認定番号54

写真:オリジナルTシャツ

企業名
株式会社絆工房
事業名
昇華プリントによるオリジナルTシャツの製造
環境経済・事業の内容

廃棄物の削減

昇華プリント方式でオリジナルTシャツを製造しています。カラーTシャツを製造する際に、昇華プリントはTシャツを染める必要がないため廃液が発生しません。

認定番号55

写真:観音寺お茶漬け味噌

企業名
観音寺みそ工房
事業名
コウノトリ育む農法の大豆を使用した観音寺お茶漬け味噌の製造・販売
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

地元食材にこだわった、お茶漬け味噌の製造・販売を行っています。大豆はコウノトリ育む農法で栽培された大豆を使用しています。

認定番号56

写真:国産木材を使用したパッシブハウス

企業名
有限会社里やま工房
事業名
国産木材を使用したパッシブハウスの設計・建設
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止、森林環境の保全

パッシブデザインを用いた省エネルギー・エコ住宅の提案と設計施工をしています。
環境だけでなく家計に対しても優しい住宅であることが特長です。
また、使用木材は100%国産にこだわっています。

「パッシブデザイン」
自然エネルギーを効率良く利用し、電気などのエネルギー削減を図る建築設計方法

認定番号57

写真:こんにゃくを使ったラーメン

企業名
植村食品
事業名
コウノトリ育む農法の米を使用した蒟蒻(こんにゃく)の製造
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法で栽培された米を使用したこんにゃくを製造しています。こんにゃくと米を混ぜることでもちもち感がアップします。また、こんにゃくを使った冷やし中華やラーメンなど様々な商品展開を行っています。

認定番号58

写真:コウノトリ育む農法で栽培された食材をふんだんに使用した食事

企業名
株式会社Mother Earth
事業名
コウノトリ育む農法で栽培された食材をふんだんに使用した食事を提供する宿泊業
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法で栽培されたお米や大豆、加工品などをふんだんに使用した食事を提供することで、豊岡の「食」の魅力や取組みを発信しています。

認定番号59

写真:廃食油とバイオディーゼル

企業名
企業組合労協センター事業団但馬地域福祉事業所
事業名
廃食油のリサイクルとバイオディーゼル燃料の製造・販売
環境経済・事業の内容

廃棄物を減らし有効活用する

使用済みの食用油を市民・民間業者から回収し、軽油の代替燃料となる”バイオディーゼル”として使用できるように精製します。ごみとして廃棄される油を再利用することで、CO2削減に貢献します。

認定番号60

写真:雪室じゃがいもと雪室玉ねぎ

企業名
未来の種株式会社
事業名
雪室を利用した地元野菜の通年出荷事業
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

雪を利用した保管庫”雪室(ゆきむろ)”を使い地元野菜の通年出荷を行っています。保存した野菜は学校給食などに利用されます。

認定番号61

写真:外壁メンテナンス工事の様子

企業名
NPO法人但馬の匠を育てる会
事業名
外壁の長寿命化コンサルティング事業
環境経済・事業の内容

廃棄物の削減

外壁メンテナンス工事のコンサルティング事業を行っています。外壁材を取り換える工法ではなく、左官職人の技術を生かした湿式セメント系材料補修法を提案しています。廃棄物を減らすだけなく、耐久性が高い工法のため、補修頻度も少なくなります。

認定番号62

写真:コンクリート構造物の長寿命化工事の様子

企業名
袖長建設有限会社
事業名
コンクリート構造物の長寿命化工事
環境経済・事業の内容

廃棄物の削減

コンクリート構造物を長寿命化する工事を行っています。モルタルやポリウレタンなどを用いて表面被覆を行うことで長寿命化を実現します。既存構造物を活かすため、撤去する場合に比べて、廃棄物が少ないのが特徴です。

認定番号63

写真:西京漬けや一夜干しなどに加工された魚

企業名
たけなわ
事業名
未利用魚の加工事業
環境経済・事業の内容

廃棄物の有効利用

規格外などが理由で、市場に流通しない廃棄されていた魚の加工事業を行っています。西京漬けや一夜干しなどに加工して販売します。

認定番号64

写真:水性塗料を使用した自動車補修整備1

写真:水性塗料を使用した自動車補修整備2

企業名
株式会社出石モータース
事業名
水性塗料を使用した自動車補修整備
環境経済・事業の内容

大気汚染防止

自動車補修に環境に優しい水性塗料を使用しています。油性塗料と比べて、大気汚染の原因であるVOC(揮発性有機化合物)がほとんど発生しません。

認定番号65

写真:コウノトリ育む農法で栽培された食材と加工品を取り入れた食事

企業名
咲々
事業名
コウノトリ育む農法で栽培された食材と加工品をふんだんに取り入れた環境にやさしい食事の提供
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法で栽培された米などの加工品をふんだんに取り入れた食事を提供し、豊岡の食の魅力を全面的にPRしています。

認定番号66

写真:玄米ほうじ茶1

写真:玄米ほうじ茶2

企業名
合同会社 幸遊堂
事業名
コウノトリ育む農法の無農薬玄米を使用した「玄米ほうじ茶」の企画販売
環境経済・事業の内容

生きものいっぱいの環境を広げる

コウノトリ育む農法で栽培された無農薬玄米を使用した玄米ほうじ茶の企画・販売を行っています。

認定番号67

写真:サーモグラフィ

企業名
株式会社キヅキ商会
事業名
職場の温熱環境およびエネルギー改善事業
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

サーモグラフィカメラなどを用いて、職場の温熱環境を計測・解析し、改善方法を提案しています。
高効率機器の導入だけでなく、工夫したり自然を活かした改善方法も提案しています。

認定番号68

写真:ゼロエネルギーハウス

企業名
株式会社クレス
事業名
省エネルギーハウスの提案・販売・設計施工
環境経済・事業の内容

地球温暖化防止

zEH(ゼロエネルギーハウス)の建築・リフォームを行っています。高気密設計による断熱性能の向上や省エネ設備の設置などを通じて、環境だけでなく家計にも優しい住宅の提案をしています。

認定番号69

写真:トラックのコーティングの施工前と施工後

企業名
但東自動車株式会社
事業名
防錆(ぼうせい)による軽トラックの長寿命化事業
環境経済・事業の内容

廃棄物の削減

自社開発した特殊コーティングや電子防錆装置の設置を行うことで、酷使や凍結防止剤が原因による軽トラックの錆を防ぎ、車両の長寿命化を実現しています。
コーティング材には、環境に配慮した水性塗料を使用しています。

認定番号70

写真:端材で作ったおもちゃ

企業名
拡運建設株式会社
事業名
オーガニック建材を使用した家づくりと端材で作ったおもちゃ・雑貨の販売
環境経済・事業の内容

生きものに優しい環境を広げる、廃棄物の削減

石油由来のものは極力使わず、天然素材にこだわった家づくりをしています。また、その端材をおもちゃと雑貨に再加工し、自社内のオーガニックカフェで販売しています。

その他情報

豊岡市内企業の製品・技術情報や企業向け補助金等の情報は、テクナビ豊岡をご覧ください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

環境経済部 環境経済課 経済政策係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-4480 ファクス:0796-22-3872
問合せは専用フォームを利用してください。