出産育児一時金・葬祭費

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000765  更新日 平成30年5月23日

印刷大きな文字で印刷

出産育児一時金

イラスト:赤ちゃん

被保険者が出産したときに42万円が支給されます。原則として医療機関などに直接支払われ、かかった出産費用に充てられます。支給手続きは、出産される医療機関などで行うことになります。

注:産科医療制度に未加入の医療機関で出産した場合は、40万4千円となります。
注:出産費用が出産育児一時金を超えた場合は、その差額分を医療機関にお支払下さい。
注:出産費用が出産育児一時金に満たなかった場合は、その差額分を国保に請求することができます。この場合、出産後約1~2カ月で請求方法等について文書にてご連絡します。
注:出産育児一時金が医療機関に直接支払われることを希望されない場合は、出産後に直接国保から支給を受けることもできます。(ただし、出産費用については退院時に医療機関にご自身でお支払いただくことになります。)

葬祭費

被保険者が亡くなったとき、葬祭を行った人(喪主)に5万円が支給されます。

申請時に必要なもの

  • 保険証
  • 印かん
  • 会葬御礼はがき、埋葬許可証など喪主の確認ができるもの
    (注:葬儀代の領収書の場合は亡くなった方と喪主の名前が記載されていること)
  • 通帳など振込先のわかるもの

イラスト:ユリの花

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

市民生活部 市民課 国保医療係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9061 ファクス:0796-24-0106
問合せは専用フォームを利用してください。