いつもの食卓に プラス一皿野菜

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005782  更新日 平成30年8月10日

印刷大きな文字で印刷

 毎日の元気は、バランスのよい食事から。不足しがちな野菜を意識しておいしく摂ることで、理想的な食生活に近づきます。

いつもの食卓にプラス一皿野菜で健康づくりをしよう

豊岡市の野菜摂取量について

健康行動計画 市民アンケート結果(平成28年度)

野菜摂取の現状値円グラフ 1~2皿66.6%、3~4皿19.4%、5皿以上7.4%、0皿2.5%、無回答4.1%

 

 

市民の1日の野菜摂取量は、「1~2皿」が66.6% と多く、野菜摂取量が不足しています。

「5皿以上」の目標量を満たしている人は、7.4%です。

 

 

1日に必要な野菜摂取量は350g以上

野菜350g目安量

写真:350gの野菜

なぜ野菜を350g食べるとよいの?

 野菜をどれだけ食べればカルシウム・カリウム・ビタミンC・食物繊維等の栄養素を十分に確保できるか解析を行った結果、350gという数字が出されました(健康日本21)。野菜はカリウムという栄養素を豊富に含み、余分なナトリウムを排出する作用があるため、血圧の上昇を抑制する効果があります。また、野菜をしっかり食べることで、血糖値のコントロールが良くなり生活習慣病予防に役立ちます。

まずは、毎日野菜をプラス一皿の気持ちで

イラスト:野菜5皿
1日小皿・小鉢で5皿分以上(1皿70g×5=350g)が必要です

野菜摂取量を増やす工夫

毎食、野菜料理をとるようにする

野菜を主菜(肉・魚・卵・大豆料理)に加えたり、付け合せにする

野菜を入れた具だくさんな汁物にする

加熱してかさを減らして食べる

時間がないときは、野菜の常備菜を用意したり、野菜の惣菜をとるようにする

外食する時は、野菜が多いメニューを選ぶ

 

 

野菜レシピの紹介

季節の野菜を使ったかんたんレシピを紹介します

春・・・キャベツ 玉ねぎ じゃがいも

夏・・・ピーマン トマト きゅうり

秋・・・きのこ れんこん ブロッコリー

冬・・・白菜 大根 小松菜

 

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 健康増進課 健康増進係
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-24-1127 ファクス:0796-24-9605
問合せは専用フォームを利用してください。