特定不妊治療費助成事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001488  更新日 平成30年5月23日

印刷大きな文字で印刷

 体外受精および顕微授精(特定不妊治療)を受けた夫婦に対して、経済的な負担を軽減するため、治療費助成事業を行っています。

1 対象者

 次の1、2どちらにも該当する方

  1. 豊岡市内に住所を有する法律上の婚姻をしている夫婦
  2. 特定不妊治療について、すでに兵庫県の助成を受け、かつ兵庫県以外からの助成を受けていないこと。

2 対象経費

 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)に要した保険外診療分の医療費(兵庫県に申請済の領収書に限る)から、兵庫県特定不妊治療費助成事業実施要綱に基づく助成額を控除した額

3 助成金額

 治療1回当たり上限額20万円。

注:平成28年4月1日以降に兵庫県に申請した治療を対象とする。
注:平成28年3月31日以前に兵庫県に申請した方は、1年度あたり20万円が上限です。

4 助成方法

 申請書等を審査し、承認したときは口座振込で支給します

5 手続き

 健康増進課で申請書を配布していますので、次の書類を添えて申請してください。申請書はこのページ下部からもダウンロードできます。

  1. 指定医療機関注1:が発行した領収書(兵庫県に申請済のもの)または、豊岡市特定不妊治療受診等証明書
  2. 兵庫県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書

6 申請期限

 兵庫県の交付決定を受けた日から2カ月以内

注:1 指定医療機関:兵庫県が指定した医療機関
 社団法人日本産科婦人科学会に、体外受精、顕微授精を実施する登録施設として認められている全国の医療機関(各健康福祉事務所で公表しています)

7 様式のダウンロード

(1)豊岡市特定不妊治療費助成事業申請書

(2)豊岡市特定不妊治療受診等証明書

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 健康増進課 保健医療政策係
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-24-1127 ファクス:0796-24-9605
問合せは専用フォームを利用してください。