児童手当

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001481  更新日 平成30年5月17日

印刷大きな文字で印刷

手当月額(児童1人につき)

  • 3歳未満:15,000円
  • 3歳以上小学校修了前:10,000円(第3子以降は15,000円)
  • 中学生:10,000円
    注:所得制限により、基準額以上の方は、特例給付として児童1人につき月額5,000円となります。基準額の詳細は問い合わせてください。
    注:養育する児童(18歳に達する日以降の3月31日までの間にある者。児童福祉施設入所者を除く)のうち、年長者から第1子、第2子…と数えます。

手当の支給

 6月(2~5月分)、10月(6~9月分)、2月(10~1月分)の各15日に、指定の口座に振り込みます。

認定請求について

 初めて子どもが生まれたとき、他の市区町村から豊岡市に転入したとき、公務員でなくなったときなどに、申請が必要です。原則、児童を養育する保護者で、生計を維持する程度の高い方が請求者(=受給者)となります。
注:公務員の方は勤務先から支給されますので、勤務先で手続きしてください。

認定請求に必要なもの

  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 請求者名義の預金通帳
  • 請求者と配偶者の健康保険証
  • 請求者と配偶者の個人番号が分かるもの(個人番号カード、通知カードなど)
    注:平成29年11月13日から、マイナンバー制度の情報連携本格運用に伴い、所得課税証明書の添付は必要なくなりました。
    注:この他、必要に応じて書類の提出を求めることがあります。

支給の開始

 原則として、申請した月の翌月分から支給されます。ただし、出生の場合は、出生日の翌日から15日以内、豊岡市に転入した場合は、転出予定日の翌日から15日以内に申請すれば、出生日や転出予定日の翌月分から手当が支給されます。
 手続きが遅れた場合、さかのぼって支給されませんので注意してください。

届出内容が変わったとき

 以下のように届出内容が変わった場合は、窓口に届出をする必要があります。
必ず変更があった日の翌日から15日以内に届出してください。なお、資格がなくなったにもかかわらず、届出をせずに手当を受け取った場合は返還していただきます。

  • 第2子以降が出生した
  • 児童を養育しなくなった
  • 豊岡市外に転出した
  • 受給者が公務員になった
  • 振込先口座を変更した
  • 氏名が変わった
  • 児童と別居した

現況届について

 児童手当を受給している方は、毎年6月に現況届を提出する必要があります。
 この届がない場合は、6月分以降の支払いが差止めとなりますので、必ず6月中に提出してください。届出用紙は6月初旬に各家庭に郵送します。詳細は同封の案内文をご覧ください。

その他

 豊岡市では、保育所保育料を特別徴収する場合があります。また、学校給食費などは、受給者からの申し出で児童手当等から徴収しています。
 児童が海外留学中の場合、児童が施設等へ入所している場合、離婚調停中で別居している場合などは、問い合わせてください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

市民生活部 市民課 市民係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9015 ファクス:0796-24-0106
問合せは専用フォームを利用してください。