有機栽培フクノハナを使用した有機純米酒が発売されました!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007465  更新日 平成31年4月15日

印刷大きな文字で印刷

 平成31年4月5日、株式会社福光屋(石川県金沢市)から、コウノトリ育む農法による豊岡市出石町産有機栽培フクノハナを100%使用した有機純米酒「禱と稔(いのりとみのり) フクノハナ」が発売されました。

 酒米「フクノハナ」は、全国で豊岡市出石町でしか生産されていない品種であり、JAたじまフクノハナ生産部会(部会長 吉田準一さん、部会員78人)の皆さんによって栽培されています。昭和63年から、金沢最古の酒蔵「福光屋」との契約が始まり、今日まで30年以上にわたって、豊岡市出石町産フクノハナを原料として使用しています。平成18年からは、コウノトリ育む農法の無農薬栽培に取り組み始め、平成19年には、有機JAS認証も取得しました。

 有機栽培フクノハナを使用した有機純米酒の発売に伴い、平成31年4月8日、JAたじまフクノハナ生産部会の役員が市長を表敬訪問し、報告を行いました。

JAたじまフクノハナ生産部会 表敬訪問の様子の写真
JAたじまフクノハナ生産部会 表敬訪問
(左から、会計の川崎さん、中貝市長、部会長の吉田さん、副部会長の山﨑さん)

禱と稔 フクノハナ 写真
禱と稔 フクノハナ

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

出石振興局 地域振興課 地域振興係
〒668-0292 豊岡市出石町内町1番地
電話:0796-52-3111 ファクス:0796-52-6033
問合せは専用フォームを利用してください。