復建調査設計株式会社に水田ビオトープの保全活動をしていただきました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006329  更新日 平成30年10月3日

印刷大きな文字で印刷

 平成30年9月29日、復建調査設計株式会社がCSR活動として、日高町祢布の水田ビオトープで湿地保全活動を実施しました。

雨合羽を着た参加者たち
ビオトープでの集合写真

 この活動は、広島市に本社のある復建調査設計株式会社(総合建設コンサルタント会社)が、コウノトリの生息地保全を目的として実施していて、今年で12年連続となります。

 あいにく雨が降るなかでの活動でしたが、地域住民と市役所職員も加わり計19人がコウノトリの生息を支える環境づくりのため、モリアオガエルの産卵場となる池を掘ったり、あぜを補強したりしました。

作業の様子1

作業の様子2

 10月9日(火曜日)には、このビオトープで日高小学校3年生の生きもの調査が行われます。生きものがたくさん見つかることを楽しみにしています。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

コウノトリ共生部 コウノトリ共生課 自然再生係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9017 ファクス:0796-24-7801
問合せは専用フォームを利用してください。