ハチゴロウの日「”タマゴ式”鳥絵塾」を開催します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005270  更新日 平成30年6月25日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 講座・教室・講演(学ぶ・聞く) 体験(つくる・参加する)

開催エリア:豊岡地域

このイベントは終了しました。

”タマゴ式”で豊岡のコウノトリを描いてみよう!

ハチゴロウの日「”タマゴ式”鳥絵塾」

谷口高司さんの描いたコウノトリ

 ハチゴロウは、平成14年8月5日に兵庫県豊岡市に飛来した野生コウノトリです。

 ハチゴロウは野生復帰プロジェクトのコウノトリ放鳥前に「人とコウノトリが共に暮らすこと」の楽しさや課題を教えてくれた素晴らしい先生でしたが、飛来から4年半後に天国へ旅立ってしまいました。

 野生復帰にとって、とても重要な出来事が舞い降りた8月5日、日本で唯一の野鳥図鑑画家を講師に迎え、誰でも楽しく鳥を描けるタマゴ式の手法でコウノトリを描きます。

講師紹介

講師:谷口高司さん

 世界的にも希少な、図鑑を一冊まるごと描き切ることのできる野鳥図鑑画家です。
 米国スミソニアン自然博物館から指名発注を受けた最初の日本人で、日本で一番数多く野鳥を描いている画家として知られています。

 経歴

東京都杉並区出身。1947年生まれ。
元財団法人日本野鳥の会評議員。
日本橋高島屋セミナー・東急セミナーBE・朝日カルチャーセンター・早稲田大学エクステンションセンター・日本橋三越カルチャーサロン講師。
谷口高司と野鳥を楽しむ会主宰。

開催日

平成30年8月5日(日曜日)

開催時間

こども教室:午後1時30分から午後2時15分まで
おとな教室:午後2時30分から午後3時30分まで

対象

小学生、中学生、高校生、一般
こども教室は小学生、おとな教室は中学生以上が対象です。

開催場所

コウノトリ文化館

内容

ドイツ製の色鉛筆を使って、コウノトリを描きます。

注:画材の持ち込みはできません。

 

申込み

必要

コウノトリ共生課に電話で申し込んでください。(先着順)

申込みの際に、希望する教室と参加者の氏名、年齢(学年)を伝えてください。

費用
1,000円(画材代含む)
募集人数
各教室15人
講師
野鳥図鑑画家・谷口高司さん

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

コウノトリ共生部 コウノトリ共生課 自然再生係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9017 ファクス:0796-24-7801
問合せは専用フォームを利用してください。