放置竹林整備を企業が手助け 里山CSR活動

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004527  更新日 平成30年5月23日

印刷大きな文字で印刷

 11月4日、ハチゴロウの戸島湿地の裏山にはびこる孟宗竹を伐採し、豊かな里山を取戻す企業CSR(社会的貢献)活動が実施されました。

写真1
竹刈り作業

 この活動は、広島市に本社のある復建調査設計株式会社(総合建設コンサルタント会社)が、コウノトリや湿地の生物調査などで関わりのあるハチゴロウの戸島湿地に豊かな環境を創出しようと取組まれているもので、今年で3年目。福成孝三社長を筆頭に14人の社員の皆さんと円山川漁協や地区の方にも参加いただき、晴天の下、汗を流しました。

 ノコギリで竹を刈る作業はなかなかの重労働で危険を伴いますが、「竹が倒れるぞー」「分かりましたー!」と声を掛け合い熱心に取り組んでいただき、うっそうと竹が生い茂り荒れていた環境が約2時間半の作業でスッキリ!新たな植物が発芽できる明るい里山に変身しました。

写真2
明るさを取戻していく里山

 福成社長は、「多くの方々が関わり頑張っておられるコウノトリ野生復帰の取り組みに貢献できればうれしいです」と笑顔で話しました。作業していただいた皆さん、どうもありがとうございました!

写真3
作業後の里山

 今回のような里山整備活動を含め、ハチゴロウの戸島湿地の維持管理にはたくさんの手間がかかります。指定管理者のコウノトリ湿地ネットも頑張っていますが、まだまだ良い湿地をつくるために必要な作業がいっぱいです。皆さんも力をお貸しください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

コウノトリ共生部 コウノトリ共生課 自然再生係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9017 ファクス:0796-24-7801
問合せは専用フォームを利用してください。