豊岡市立美術館 概要

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002145  更新日 平成30年5月23日

印刷大きな文字で印刷

1.美術館の概要

美術館外観写真

豊岡市美術館-伊藤清永記念館-について

当館は、1987年(昭和62)の合併30周年記念事業「現代洋画の重鎮・伊藤清永展」の開催を契機に、伊藤清永画伯らから出石町に作品の寄贈を受け、その保存と功績の顕彰及び郷土の芸術振興のため1989年(平成元年)に開館しました。

伊藤画伯など地元出身の芸術家による作品を展示する常設展(収蔵作品展)のほかに、年2~3回の特別展を開催しています。出石の名所「辰鼓楼」からも近く、出石観光の際に立ち寄ってご覧いただくことができます。(注:展示スペースの関係上、特別展期間中は収蔵品を展示していない場合があります。収蔵品の展示状況など、詳細は美術館へお問い合わせください。)

2.美術館の沿革

昭和62年

  • 11月:出石町合併30周年記念事業として「伊藤清永展」を開催。
    開催を契機に伊藤画伯らから作品寄贈を受け美術館建設の機運が盛り上がる。
  • 12月:「町立美術館建築調査特別委員会」を設置

昭和63年

  • 4月:宮脇檀建築研究室と基本設計について協議
  • 7月:宮脇檀建築研究室と設計委託契約締結
  • 9月:建設予定地埋蔵文化財調査
  • 12月:川嶋工務店(現株式会社川嶋建設)と工事請負契約締結

平成元年

  • 2月:建設工事着工
  • 4月:玉岡美寛館長(嘱託)就任
  • 4月:出石町教育委員会内に開設準備を設ける。開設準備委員会開催
  • 6月:「出石町立伊藤美術館の設置及び管理に関する条例」議決
  • 10月:工事竣工
  • 11月:美術館喫茶室の維持管理及び運営業務委託契約
    (出石観光協会 但し平成10年7月より株式会社まちづくり公社となる)
  • 11月:出石町立伊藤美術館開館

平成17年

  • 4月:「伊藤清永美術館」に名称変更

平成26年

  • 6月:「豊岡市美術館-伊藤清永記念館-」に名称変更

3.館内図

1階

館内図(1階)

2階

館内図(2階)


  • 構造:鉄筋コンクリート建(一部木造)地上2階 ・地下1階
  • 規模・敷地面積:2,152.93平方メートル
  • 館内は、展示会の内容によりますが約15分~30分程度で鑑賞が可能です。
  • 2階には階段またはエレベーターでお進みいただけます。エレベーターのご利用をご希望のお客様は、ご入館時に受付へお申し出ください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

地域コミュニティ振興部 文化振興課 豊岡市立美術館「伊藤清永記念館」
〒668-0214 豊岡市出石町内町98番地
電話:0796-52-5456 ファクス:0796-53-2088
問合せは専用フォームを利用してください。