豊岡市 toyooka city hyogo prefecture

Google サイト内検索   Web検索

コウノトリの歴史

江戸時代、コウノトリは日本の至るところで見られる鳥でした。しかし、明治期の銃による乱獲や第二次世界大戦後の農地のほ場整備、河川改修による湿地の消滅、そして農薬の使用により、1971年に野生最後の一羽が死に、日本の空からコウノトリは姿を消しました。ここ豊岡が最後の生息地でした。  
かつて、「あたりまえ」に見られたコウノトリのいる風景を取り戻すための物語。コウノトリの絶滅から保護、そして野生復帰までの長い道のりを時代ごとに紹介します。

  • 1:〜江戸時代
  • 2:明治時代〜
  • 3:昭和30年代〜
  • 4:昭和40年代〜
  • 5:平成〜現在

1:〜江戸時代

1:江戸時代(ともに暮らしていたころ) かつて全国で見られたコウノトリは吉兆を表す鳥であるとともに、田植え後の苗を踏み荒らす害鳥でもありました。

延享(えんきょう)元年
(1744)
出石島村(現出石町嶋)にて、出石藩3代藩主仙石政辰(せんごくまさとき)がコウノトリの狩りを行う。
天保(てんぽう)年間
(1830〜1843)
出石藩7代藩主仙石久利(せんごくひさとし)は、室埴(むろはに)村(現出石町細見)の桜尾山に営巣するコウノトリを瑞兆と喜び、「鶴山」と名付けて禁猟区にし、コウノトリを保護。
安政6年
(1859)
出石町伊豆村(現出石町伊豆)で、「植田に鶴、唐鳥(トキと推定)が踏み込みに付き威筒願い」と出石藩幕末期の執務日誌『御用部屋日記』に記述されている。

2:明治時代〜

2:明治〜大正〜昭和30年(近代化が進み、数を減らした時代)
明治時代に入ると銃による乱獲によって、コウノトリは全国から姿を消していきました。但馬では、旧室埴村(むろはにむら)や兵庫県などの保護行政により、コウノトリは全盛期を迎えたものの、その後の環境破壊により生息数を減らしていきます。

1.


2.

明治25年
(1892)
狩猟規則公布
ツルやツバメは、保護鳥とされたが、コウノトリは効率的な農業の支障となる有害鳥とされ、保護鳥の対象にならず。
出石町桜尾の鶴山に限って保護対象となる。
明治37年
(1904)
瑞鳥ブーム
出石町桜尾の鶴山に営巣していたコウノトリが4羽のヒナを産むと、日露戦争の勝利とあいまって、繁殖は吉兆であると「瑞鳥ブーム」が巻き起こった。(写真1)
鶴山には「ツル」見物のための茶店が出され、京阪神からも見物人が訪れ、たくさんの人で茶店や無料観覧所がにぎわっていた。(写真2)
明治41年
(1908)
狩猟法改正
鳥獣保護の根拠に初めて「希少」性が加えられ、コウノトリ、トキ、ヘラサギが保護鳥に追加指定された。
大正10年
(1921)
史跡名勝天然記念物の指定
コウノトリの繁殖地として出石の「鶴山」が天然記念物に指定された。
昭和9年
(1934)
但馬コウノトリの最盛期
コウノトリの生息地は豊岡盆地を中心に朝来市和田山町から京都府京丹後市久美浜町の間に及び、約60羽が生息していたといわれている。
昭和18年
(1943)
環境破壊 木材の大量伐採
戦争のため「鶴山」の国有松山を伐採した。(〜昭和29年まで)松の木に巣をかけるコウノトリは営巣環境を失い、すみやを離れて四散した。
昭和25年
(1950)
文化財保護法の公布
天然記念物であったコウノトリは文化財保護法により保護。
環境破壊 農薬の使用
この頃から強力な農薬が使われ始め、自然のエサが減少する一方であった。
昭和28年
(1953)
「種」としての保護指定
天然記念物指定をコウノトリの「生息地」から「種」に変更。

3:昭和30年代〜

3:昭和30年代〜(保護活動の始まり)
 絶滅の危機から救おうと関係者や地域の人たちが一体となって保護活動に立ち上がりました。

3.
4

昭和30年
(1955)
官民一体の保護活動の始まり
行政と民間が共同して「コウノトリ保護協賛会」を結成し、地域の人々が中心になった保護活動が開始。昭和33年に「但馬コウノトリ保存会」(以下「保存会」と略)と改称。
昭和31年
(1956)
特別天然記念物に指定
天然記念物から特別天然記念物に指定。
昭和34年
(1959)
「保存会」による活動1
「コウノトリをそっとする運動」を実施。コウノトリの営巣用に人工巣塔を設置。(豊岡市百合地地区)
最後の野生コウノトリ繁殖
4月、豊岡市福田でヒナ1羽が巣立ち。但馬地方最後の野生での繁殖記録。その後、ヒナは一度も生まれず。
昭和37年
(1962)
人工飼育の決議
保存会事務局において、相次ぐコウノトリの死により、コウノトリ総合保護対策但馬地区研究懇談会を開催、コウノトリの保護のためには人工飼育が必要であるという地元住民の総意が決議。
「保存会」による活動2
但馬全域の小、中学校の協力を得て「どじょう一匹運動」を開始。この年、但馬内外の73校から65万匹のどじょうが集まった。(写真3)
昭和38年
(1963)
人工飼育の方針決定
4月文部省文化財保護委員会は人工ふ化と人工飼育の方針を決定。
「保存会」による活動3
兵庫県・兵庫県教育委員会・神戸新聞の共催で「愛のきょ金運動」が展開。

4:昭和40年代〜

4:昭和40年代〜(人工飼育を始めるが苦難の連続)
 生息地内で数を減らすコウノトリを守るため、手探りで取り組んだ人工飼育。しかし、繁殖に至らず苦難の連続でした。

4.

昭和40年
(1965)
人工飼育の開始
野生コウノトリが12羽にまで減ったとき、最後の手段として野生個体2羽(ペア)を捕獲し、人工飼育に踏み切った。(写真4)
人工飼育は、コウノトリ飼育場(現コウノトリの郷公園付属飼育施設保護増殖センター、豊岡市野上)で始められた。しかし、飼育下でも繁殖にいたらず、人工飼育は苦難の連続であった。
昭和46年
(1971)
福井県からコウノトリを移送
福井県武生市に飛来していたくちばしの負傷したコウノトリが捕獲され、飼育場に運ばれた。
野生コウノトリの絶滅
市内で傷ついて衰弱していた最後の野生コウノトリが保護されたが死亡。これにより、日本の空からコウノトリは姿を消した。
昭和60年
(1985)
ロシアからコウノトリを導入
ロシアのハバロフスクから幼鳥6羽を受贈し、飼育場で飼育を始めた。「もともと渡り鳥であるコウノトリに国境はない」と飼育員の松島氏。
昭和61年
(1986)
飼育場で、豊岡盆地に生息していたコウノトリの最後の1羽が死亡。

5:平成〜現在

5:平成〜現在(野生復帰に向けて)
平成元年、人工飼育開始から25年目、ついにコウノトリのヒナが誕生しました。
平成17年には野生復帰の第一歩となる試験放鳥がスタートし、平成23年現在、野外には40羽以上のコウノトリが大空を舞っています。野生復帰の取り組みは着実にその歩みを進めています。

5.
9

6.
10

7.
11

8.
12

9.
13

平成元年
(1989)
人工繁殖に成功
25年目にしてコウノトリの人工飼育繁殖に成功し、初めてヒナが生まれる(写真5)。以後、毎年ヒナが誕生。
平成4年
(1992)
コウノトリ野生復帰計画開始
飼育下にあるコウノトリの将来方向を決めるため、コウノトリ将来構想調査委員会(以下「委員会」と略)が発足。コウノトリを野生に返すこと、野生復帰の拠点施設を作ることを確認。
平成6年
(1994)
コウノトリ野生復帰推進計画の策定
委員会が野生復帰の基本構想を策定。飼育下第3世代(F2)が誕生し、飼育下繁殖が軌道に乗る。第1回コウノトリ未来・国際かいぎを開催。テーマは「コウノトリの野生復帰」。
平成7年
(1995)
兵庫県が(仮称)コウノトリの郷公園基本計画を策定
種の保存と研究の拠点施設整備事業が始まる。
平成11年
(1999)
兵庫県立コウノトリの郷公園開館
平成12年
(2000)
豊岡市立コウノトリ文化館開館(写真6)
豊岡市コウノトリ基金の創設
第2回コウノトリ未来・国際かいぎを開催
テーマは「人と自然の共生」。
平成14年
(2002)
飼育コウノトリが100羽を超える。
野生のコウノトリ一羽「ハチゴロウ」が飛来し、定着
企画部内にコウノトリ共生推進課(現コウノトリ共生部コウノトリ共生課)設置(旧豊岡市)
平成15年
(2003)
兵庫県が「コウノトリ野生復帰推進計画」を策定
コウノトリ野生復帰推進連絡協議会が設置。県・市・専門家・住民など24の機関・団体等で構成される協議会で情報共有。
平成16年
(2004)
野生復帰に向けた馴化訓練(飛行・採餌)の実施
コウノトリ野生復帰を全国規模で応援する「コウノトリファンクラブ」が発足
会長は日本野鳥の会会長の柳生博氏。
平成17年
(2005)
コウノトリの試験放鳥開始(計3回コウノトリの郷公園・祥雲寺地区・野上地区)(写真7)
第1回目の放鳥はコウノトリの郷公園から、飼育コウノトリ5羽を自然放鳥。
コウノトリ放鳥に併せて、第3回コウノトリ未来・国際かいぎを開催
テーマは「人と自然が共生する持続可能な地域づくり」。
平成18年
(2006)
自然放鳥から2羽がペアとなり産卵(ふ化には至らず)
コウノトリを試験放鳥(計3回祥雲寺地区・円山川河川敷・河谷地区)
野生コウノトリ「ハチゴロウ」死亡
平成19年
(2007)
43年ぶりに国内の野外でのヒナ誕生(写真8)
5月20日、市内百合地地区の人工巣塔のコウノトリのペアからヒナが誕生。
46年ぶりの巣立ち(写真9)
7月31日、同人工巣塔からヒナが巣立ち。
コウノトリを試験放鳥(計2回楽々浦地区・山本地区)
平成20年
(2008)
放鳥した野外でのコウノトリが5ペア、ヒナ8羽巣立ち
試験放鳥(1回三木地区)
平成21年
(2009)
野外コウノトリ6ペアのヒナ9羽巣立ち
試験放鳥(1回唐川地区)
平成22年
(2010)
野外コウノトリ5ペアのヒナが9羽巣立ち
第4回コウノトリ未来・国際かいぎを開催
テーマは「野生復帰がもたらすもの〜コウノトリが紡ぐいのち・地域・経済・文化〜」。