豊岡市 toyooka city hyogo prefecture

Google サイト内検索   Web検索

コウノトリ育む農法の紹介

おいしいお米とさまざまな生きものを同時に育み、コウノトリも住める豊かな文化・地域・環境づくりを目指し、平成15年度から「コウノトリ育む農法」に取り組んでいます。 この農法の一番の特徴は水管理にあります。冬期間も田んぼに水を張る冬期湛水(とうきたんすい)や、田植えの1カ月前から田んぼに水を張る早期湛水(そうきたんすい)などを行うことで、ほぼ1年を通して田んぼに水があり、コウノトリの餌となる多くの生きものを育んでいます。

〔無農薬栽培の様子〕

秋の準備作業(10月から11月ごろ)

堆肥(たいひ)や米ヌカなどの有機質資材を施用します。

冬水田んぼ(12月から2月末)

冬に田んぼに水を張りさまざまな生きものを育みます。

早期湛水(そうきたんすい)(4月から5月ごろ)

田植えの1カ月前から田んぼに水を張りさまざまな生きものを育みます。

田植え(5月から6月)

強い稲を作るため、1株あたり2本程度の中苗(ちゅうびょう)を植えます。

深水管理(ふかみずかんり)

雑草を抑えるため深水管理(ふかみずかんり)を行います(水深8cm程度を維持します)。

除草作業(6月)

農薬を使用しないため、除草対策には大変な労力が必要です。

中干しの延期(6月下旬から7月上旬)

オタマジャクシに足が生え、カエルに変態したのを確認してから中干し作業を行います(慣行栽培より3週間程度中干し作業を延期)。

                

※中干し…水田から、いったん水をなくし、田んぼを乾かすこと

生きもの調査(7月)

田んぼの中にいる生きものの種類や数を確認します。

田んぼの中で餌を捕るコウノトリ

多くの生きもので溢れる「コウノトリ育む農法」の田んぼには餌を捕りにコウノトリが舞い降ります。

収穫

安全・安心な「コウノトリ育む農法」で栽培された「コウノトリ育むお米」は全国500店舗以上(平成27年2月現在)のお店で販売されています。

関連リンク