平成30年度 被災者生活復興資金貸付金

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006564  更新日 平成30年11月7日

印刷大きな文字で印刷

平成30年度 被災者生活復興資金貸付金

 兵庫県では、県内の市町と共同で、平成30年度に発生した7月豪雨災害、台風第20号災害および台風第21号災害において、住宅や自家用自動車に被害を受けた方の速やかな生活復興を支援するため、一定の条件の下で、無利子で資金貸付を受けられる制度を設けました。

融資対象

次の全てに該当し、取扱金融機関が認めた方が対象となります。

  1. 平成30年度に発生した7月豪雨災害、台風第20号災害および台風第21号災害において、住宅に被害を受け、全壊・大規模半壊・半壊・一部損壊(損害割合10%以上20%未満)・床上浸水(損害割合10%以上20%未満)の り災証明書の交付を受けた方、または自家用自動車に被害を受け、その り災証明書等の交付を受けた方
    注:床下浸水は対象ではありません
  2. 県内に居住し、年齢が満20歳以上であること
  3. 世帯主または主たる生計維持者であり、その方の前年総所得金額が730万円以下であること
  4. 信用情報に不安のないこと

資金使途

  1. 被災家屋のうち、居住の用に供する箇所の補修
  2. 家具・家庭用電気製品等生活必需品の修理・買換え
  3. 自家用自動車の修理・買換え
    注:ただし、自家用自動車のみに被害を受けた方は3の使途に限ります。

融資額

300万円以内(10万円以上、1万円単位)

ただし、無担保借入比率(無担保借入の合計額/年間総収入)100%以内
返済比率(全借入合計額の年間返済額/年間総収入)年間総収入200万円以下の場合 20%以内、年間総収入200万円を超える場合 30%以内

利率

無利子(県と市町が取扱金融機関に対して利子補給します。)

申込期間

  • 各市町受付 平成30年10月9日(火曜日)~
  • 金融機関申込 平成30年10月下旬 ~

注:三井住友銀行(11月初旬以降を予定)、みなと銀行(11月中旬以降を予定)

償還期間

6カ月以上5年以内(据置期間6カ月以内を含む)

返済方法

毎月元金均等返済

担保・保証人

無担保・保証人不要。ただし、申請時に満70歳以上の方は、70歳未満の連帯保証人が1人必要となります(家族可)。

申込必要書類

  1. 取扱金融機関の貸付申込書(下記「取扱金融機関」の窓口で受け取ってください。)
  2. 資金の使途申立書(見積もり書等を含む)
  3. 世帯主および世帯全員の記載のある住民票
  4. 市町発行の前年所得証明書(融資対象者の所得の分かるもの)
  5. り災証明書等の写し
  6. その他、取扱金融機関が特に定めるもの

申込方法

居住の市町で「3. 住民票・4. 前年所得証明書・5. り災証明書等」の発行を受け、窓口で「2.資金の使途申立書」の市町確認欄に押印と市町で発行された書類の添付の確認を受けた後、上記の申込必要書類を整えて、取扱金融機関に提出してください。

取扱金融機関(10月31日現在)

但馬銀行、三井住友銀行、みなと銀行、尼崎信用金庫、淡路信用金庫、神戸信用金庫、但陽信用金庫、中兵庫信用金庫、日新信用金庫、西兵庫信用金庫、播州信用金庫、姫路信用金庫、兵庫信用金庫、大阪協栄信用組合、淡陽信用組合、兵庫県信用組合

注:今後追加する場合があります。

詳しくは下記の相談窓口に問い合わせてください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

政策調整部 防災課 防災係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1111 ファクス:0796-24-5932
問合せは専用フォームを利用してください。