平成30年7月豪雨の被災地から豊岡市内に避難した方へ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005642  更新日 平成30年8月14日

印刷大きな文字で印刷

平成30年7月豪雨被災地から豊岡市に避難した方への支援制度について

 平成30年7月豪雨で被災し、豊岡市内に避難した方に対し次のような支援制度がありますので活用してください。注:制度ごとにそれぞれ要件等がありますので確認してください。

<支援制度一覧>
支援項目 支援制度名 担当課 支援内容
住まいに関する支援 市営住宅の提供(豊岡市の制度) 建築住宅課 平成30年7月豪雨災害で被災したことによる豊岡市への避難者で、り災証明等で被害が確認できる方は、市営住宅を入居から6カ月間(最長1年間まで)無償で提供します。
・市営住宅 10戸(平成30年8月10日現在)
注:別途ホームページに掲載予定
・問合せ 建築住宅課 住宅管理係 電話0796-21-9018
くらしに関する支援 避難者支援金(豊岡市の制度) 社会福祉課 平成30年7月豪雨の災害救助法の適用地域から豊岡市への避難者で、1カ月以上居住することとなった次の世帯を対象に、1世帯10万円(単身世帯は5万円)の避難者支援金の給付を行います。
・対象世帯
 (1) 住宅の全半壊、全半焼または流失の被害を受けた世帯
 (2) 主たる生計維持者が死亡しまたは重症を負った世帯
 (3) 主たる生計維持者の行方が不明である世帯
・申請期限 平成31年1月31日まで
・問合せ 社会福祉課 地域福祉係 電話0796-24-7032
生活福祉資金(緊急小口資金)の貸付
(社会福祉協議会の制度)
豊岡市社会福祉協議会
 
平成30年7月豪雨災害で被災したことで、当座の生活費を必要とする次の世帯を対象に貸付を行います。
 
 
・対象世帯 兵庫県内の災害救助法の適用となった市町で被災した世帯、または、災害救助法の適用となった市町村で被災したことで、兵庫県内に避難した世帯
・貸付限度額 原則として10万円以内(千円単位)。ただし、次に掲げる特に必要と認められる場合は20万円以内とする。
 (1) 世帯員の中に死亡者がいるとき。
 (2) 世帯員に要介護者がいるとき。
 (3) 世帯員が4人以上いるとき。
 (4) 重傷者・妊産婦・学齢児童がいる世帯等で特に必要と認められる場合。
・据置期間 原則として6カ月以内。なお、6カ月経過時点で避難生活を継続している場合は、申請で最大6カ月の延長(計12カ月)も認める。
・償還期限 借入額が100,000円以下は12カ月以内、101,000円以上は24カ月以内
・貸付利率 無利子
・連帯保証人等 連帯保証人、連帯借受人の設定は不要
・問合せ 豊岡市社会福祉協議会 電話0796-23-2573 
コウノトリ但馬空港の運賃助成(豊岡市の制度) 都市整備課 平成30年7月豪雨災害の災害救助法の適用地域から豊岡市への避難者の方に、次の対象期間、豊岡市民と同様にコウノトリ但馬空港の運賃助成を実施します。
・対象期間 平成31年1月31日搭乗分までの運賃
・申請期限 平成31年3月29日
注:申請書は下記添付ファイルを利用してください。
・問合せ 都市整備課 交通政策係 電話0796-23-1712
市営中央駐車場の定期利用にかかる利用料免除(豊岡市の制度) 都市整備課 平成30年7月豪雨災害の災害救助法の適用地域から豊岡市への避難者で、市営中央駐車場を定期利用(軽・普通自動車)する方は、平成30年度内の6カ月間を限度として、利用料を免除します。
・問合せ 都市整備課 都市管理係 電話0796-23-1712
子育てに関する支援 保育所の利用(豊岡市の制度) こども育成課 平成30年7月豪雨災害の災害救助法の適用地域から豊岡市への避難者で、豊岡市内に1カ月以上滞在する方は、本市に居住している方と同様に、保育所入所申込みを受け付けます。
・問合せ こども育成課 幼保運営係 電話0796-22-4452
幼稚園・保育園・認定こども園の保育料減免
(豊岡市の制度)
こども育成課 平成30年7月豪雨災害の災害救助法の適用地域から豊岡市に転入した方で、次の世帯を対象に、平成30年度内の6カ月間を限度として、保育料の全額を免除します。
なお、6カ月間を超える保育料は、通常の減免規定が適用されます。
また、転入手続きをしていない避難者は、避難前の住所地市町村の保育料の減免規定によります。
・対象世帯 上記「避難者支援金」と同じ
・問合せ こども育成課 幼保運営係 電話0796-22-4452
就学援助(豊岡市の制度) こども教育課 平成30年7月豪雨災害の災害救助法の適用地域から豊岡市への避難者で、次の世帯の児童生徒が1カ月以上市内の小中学校に通う場合、保護者の申請手続きを簡略化し、認定します。
・対象期間 平成31年1月31日までの申請
・対象世帯 上記「避難者支援金」と同じ
・援助の内容 学用品費、給食費等
・問合せ こども教育課 学務係 電話0796-23-1451
放課後児童クラブ利用料の減免(豊岡市の制度) こども育成課 平成30年7月豪雨災害の災害救助法の適用地域から豊岡市への避難者および転入者で、次の世帯を対象に、平成30年度内の6カ月間を限度として、利用料の全額を免除します。
なお、6カ月間を超える利用料は、通常の減免規定が適用されます。
・対象世帯 上記「避難者支援金」と同じ
・問合せ こども育成課 子育て支援係 電話0796-29-0053
子育てセンターの利用(豊岡市の制度) こども育成課 平成30年7月豪雨災害の豊岡市への避難者に対し、市内6カ所の子育てセンターでの子育て中の仲間づくりや交流、子育てに関する相談が可能です。
注:市内子育てセンター(下記リンクから参照してください)
・問合せ こども育成課 子育て支援係 電話0796-29-0053
医療に関する支援 国民健康保険税の減免(豊岡市の制度) 税務課 平成30年7月豪雨の災害救助法の適用地域から豊岡市に転入し、国民健康保険に加入した被災者で、次の世帯を対象に、平成30年度内の6カ月間を限度として、保険税を全額免除します。
なお、6カ月間を超える保険税は、通常の減免規定が適用されます。
・対象世帯 上記「避難者支援金」と同じ
・問合せ 税務課 市民税係 電話0796-21-9045
福祉に関する支援 障害者サービス
(国の制度)
社会福祉課 障害福祉サービスに係る弾力的措置が国から示されます。詳細は問い合わせてください。
・問合せ 社会福祉課 障害福祉係 電話0796-24-7033
仕事に関する支援 就職相談(豊岡市の制度) 環境経済課 平成30年7月豪雨で被災し、豊岡市の企業等に就職を希望する方の就職相談・職業斡旋を行っています。
・問合せ 環境経済課定住促進係内「ジョブ・サポ豊岡(豊岡市無料職業紹介所)」 電話0796-21-9008

 

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

総務部 総務課 行政係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1116 ファクス:0796-24-2575
問合せは専用フォームを利用してください。